五月人形

鎧について

凛々しく強く育って欲しい願いを体現した鎧飾り。
古来からの魔除けの色、朱赤を用いて基本に忠実に製作しています。
素材は勿論、細部までこだわっています。
床の間 リビング 何処に飾っても豪華で迫力があります。

平飾り


  • 青雲 10号  藍×白

    凜とした佇まいの鎧飾り。変化する青とブルーが爽やかです。威し糸の編み方にも手がかかっています。金彩手描きの桜屏風が華やかです。

  • 陣風7号

    コンパクトでも本格派!朱赤は大将の色編み上げた糸の美しさと細かさは高い技術の賜物。

  • 烈風7号

    印象的なジャパンブルー。藍から染め上げた深い青に白のポイントがきいています。小札もブルーに合わせた特別仕様

収納飾り


  • 金銀  銀×黒

    磨き上げたクールな銀と黒でシックに。赤糸で華やかさを。小札も細かく手の込んだ作り屏風は黒と濃紫で高級感を。形が特徴的です。

  • 雅  朱×金

    極上のハンドメイド、鑽彫りは一つ一つ違う模様。朱赤がお守りに。頭全体に付けた星も一つ一つ付けました

  • 彩華  金×青竹色

    すくすく伸びる青竹の生命力に恵まれるように!桧・寄木細工に長寿の松を描きました。

  • 京桜  朱×金

    手を掛けた重厚な金具に朱赤が調和。鑽彫り鍬形にも力強さを感じます。朧月と桜の組み合わせが幻想的。春の華やかな雰囲気を

  • 黄金  黒×赤×金

    シックな黒を中心に鍬形全体にあしらった鑽彫りが渋め!144個の手打ちの星は規則正しく、職人技の見せ処

  • 令桜  松葉色×金

    印伝の吹き返し。正絹の威し糸は松葉色等の緑が重なりあって穏やかな色合い。桧の台とベストバランス。桜の華やかさを添えて。

  • 竹雀之兜  朱赤×金

    国宝を模写した兜 360枚の手並べ小札に純金箔を。金具も重厚に。シルクの威し糸の朱赤は魔除けの色。

  • 陣風 7号 白×朱赤

    大越忠保作 凝った作りはこだわりを出して。伝統と若い感性が融合しました。白は強い意志と気品を。作者のこだわりを詰めた制作工程を経て グレードがワンランクアップしました

  • 烈風 7号 ジャパンブルー×白

    大越忠保作 勝ち色と呼ばれるブルーと爽やかな白の組み合わせが斬新です。全身を守る鎧の作りにこだわって 今まで省略されていた工程も組み入れました。

  • 竹雀之兜 8号 金×朱

    すくすく伸びる青竹の生命力に恵まれるように!桧・寄木細工に長寿の松を描きました。

兜について

デザイン、サイズが豊富です。
一例として純金箔や手磨き銅板小札・革の縅糸など素材もこだわっています。
コンパクトに飾れて収納出来ます。


  • 鳳凰・会津塗り

    よい知らせを運ぶと言われる鳳凰をモチーフに重厚な金具で製作した兜。本革・絹などの素材もいいものを使っています。

  • 赤彫金と真田幸村

    長野のヒーロー真田一族根強い人気があります。真田の赤は日本に名をとどろかせました。

  • 着用・黒和紙仕立て

    勇ましい竜虎が描かれているのはシックな和紙。落ち着いた色目の兜との組み合わせは飽きません。

  • つる草彫金収納

    華やかな白い兜におしゃれな蔓草の収納台リビングにも似合います。

  • 天竜檜に寄せ木細工収納

    洗練された寄せ木細工収納には色味を抑えた兜でシックに。袱紗(ふくさ)は龍村織でランクアップ。

  • 二曲金屏風・陽炎

    裏箔を貼った金屏風に落ち着いた兜。吹き返しは印伝。合わせ鉢仕上げ・西陣織袱紗付

  • 嵐山屏風・桐蔭

  • 白銀龍12号

    屏風も台もカスタマイズ次第でお好みでお選び頂けます。

  • 優翔 藍×金 会津塗

    深い青をベースに藍を交えて。龍の絵柄は男の子には欠かせません。鍬形は兜の原型を忠実に。

  • 彩  寄木細工

    桧と寄木のコラボ。明るい台と屏風に暖かい雰囲気の兜。お守りの文様を組み込んで。どこにでも飾れるコンパクトサイズ。

  • 伊達  金×黒×彫金

    弦月に唐草模様の彫金 吹き返しにもお揃いでおしゃれに。オブジェのような兜。気品があります。

  • 七宝  金×朱×七宝

    輝きが違う!純金金沢箔に朱赤の威し糸。2色が引き立て合っています。後ろの裾にはぐるりと金具を付けて重厚に。二曲の金屏風は金沢箔押

  • 真田幸村公  赤×赤

    伝説の英雄 真田幸村公。生き方に共感し憧れを持って。

  • 純金箔龍村 10号 萌黄色×金

    春を待ちきれない!萌黄の明るい組み合わせ。袱紗は龍村織。洗練された織と文様に品格を感じます。

  • 上杉・龍村裂 10号 ブルー×白

    こだわり抜いたブルーのグラデーション 洗練された組み合わせ。兜がより綺麗に見えるように黒い屏風に組み合わせ。

  • 秋華 6号 紫×金

    紫の美しさに魅了されるDNAを持つ日本人。コンパクトで高貴。後ろから見たシルエットと色目の美しさが目を引きます。

鎧・兜のほかには?

子供大将・・・あどけないお顔が凛々しいお人形。飾りやすく仕舞いやすいのが人気です。

端午木目込人形

普遍的な可愛らしさで未来を見つめていきます。衣装の色柄は印伝・龍村裂でシックに仕上げています。

飾り方の色々


  • 収納飾り

  • 平飾り

  • 鎧飾り

鯉のぼりの由来

私たちが知る日本の風景の一つ
5月になると鯉のぼりが青い空に泳ぎ 男の子の嬉しそうな笑顔。
なぜ鯉のぼりを上げるのでしょう?

生命力の強い鯉が滝を登って龍になったという古事から
立身出世を願い、困難に負けずに立派に成長するよう祈りを込めています。

ご親戚の方でしたら・・。

鎧・兜の他にお祝いの品として

金太郎

優しくて力持ちの坂田金時をモデルにしました。
源頼朝に認められ活躍した武将です。