京雛の魅力 古典の顔立ち。奥ゆかしさ。


京雛はあえて 現代風の面差しではありません。

連綿と受け継がれてきた京都の伝統を今に正確に伝えています。

平安時代の高貴な人々の世界を垣間見せてくれるような雛人形です。

4千もの工程は全て 職人の手によって作り出されます。

衣裳生地の織り方 糸の選び方 色合わせ 衣裳の仕立て

一番むずかしいのは かいな(腕)の形を整えることだと言われます。

全神経を集中して 美しく仕上げています。